50代からはゆる~い糖質制限を!ロカボダイエットから始めてみませんか?

糖質制限って、聞いたことありますか?

糖質制限は、糖質を多く含む食品を制限するダイエットやメタボリックシンドローム予防食事法のひとつです。

でも、一体 糖質って何?

糖質制限、ダイエットどのくらいしますか?

気になるいつものデザートの糖質は?

なんと~

小さい羊かんの糖質gと、ロールケーキx2個・チョコレート9.5個とほぼ同じ糖質gなので~すよ!( ゚Д゚)

小分け羊かん小分けロールケーキx2個・チョコレート9.5個

あんこ系大好きな私ですが、小さい羊かんはあっという間に食べてしまいますが・・・🍡

ほぼ同じ糖質のロールケーキとチョコレートを、一度に食べるのは大変です。

同じ量の糖質を比べてみました

*糖質を細かく・計算してみました* 

①羊かん38,3g−ロールケーキ14,2gx2(28,4g)−1枚糖質1g(チョレコレート効果カカオ86%)x9,5(9,5g)=0,4g

糖質など、表示については事業者が任意で表示することになっています。

書かれていない場合は、炭水化物gをそのまま糖質gと判断しても良いでしょう。

時には糖質を意識しながら、好きなあんこ系のお菓子羊かん・お饅頭などもおいしく楽しみたいです。

毎日のデザートの組み合わせを変えて、昼食後のおいしいデザート生活は続けます~ ❤ 🍵 ☕

食品の栄養成分表示・比べてみました

スポンサーリンク


一体・糖質って何?

3大栄養素である、炭水化物の構成成分です。

糖質は体内で吸収されると、活動するための重要なエネルギー源となる栄養素です。

糖質=炭水化物ー食物繊維です。

自宅にある、スティックコーヒーの箱の栄養成分表示より⇩

糖質1,7g炭水化物3,2g食物繊維1,5g

スティックコーヒーの栄養成分表示確認しましょう

糖質は、糖類、多糖類、糖アルコールなどで構成されます。

多糖類は、米や小麦粉、イモ類などに含まれるデンプンのことです。

糖アルコールは、糖質甘味料に分類される天然にも存在する甘味料で、キシリトールやソルビトール、エリスリトールなどのことです。

似た呼び名で糖類があります。(糖類は、糖質の一部になります)

炭水化物糖質糖類

特になにも制限しない場合には、1日約300gの糖質を取っていると言われています。

1日約300gから、普通、ゆるい、軽め、きびしめの糖質制限に分け、自分自身がどの程度の糖質制限を進めていきたいのかを決めてください。

糖質制限では、まず1日当たりの糖質の摂取量の目安を知ることから始めましょう!

1日糖質・摂取目安量

  • 制限なし(通常) ⇨ 300g
  • ゆるい糖質制限  ⇨ 100~150g
  • 糖質制限     ⇨ 60~100g
  • きびしい糖質制限 ⇨ 60g未満

スーパーマーケットでも糖質0gとして、いくつかの種類が販売されていましたので味見として購入してみました。

糖質は野菜や調味料にも入っていますが、きびしい糖質制限が必要な方には、使いやすい商品だと思います。

スーパーマーケットで購入の糖質0g商品です

スポンサーリンク


ゆるい糖質制限のロカボとは

「おいしく楽しく適正糖質」それがロカボです。

食・楽・健康協会が掲げている、
世の中の人々に「おいしく、楽しく食べて、健康に」なっていただきたいという理念のもと、

「おいしく楽しく適正糖質=ロカボ」を更に普及させていくために作成されたマークになります。

※ロカボ糖質とは、利用可能炭水化物を元に算出したものです。

案外自宅にある商品に、ロカボマークがありました。

ロカボマークがついている食品を改めて探すと、割りと多くの商品についていますね。

自宅のロカボマーク付きの食品です

購入しましたロカボマーク付き食品です

◉あわせて読みたい参考記事

*ロカボの嬉しいこと*

ロカボでは、アルコールも普通に飲んでいいということです。

ウイスキーや焼酎のような蒸留酒は、そもそも糖質を含んでいません。

醸造酒でもワインは糖質が少ないし、糖質ゼロの発泡酒も多く販売されています。

お酒の好きな方には、我慢しすぎないうれしい情報ですね!

気をつけるのは糖質の量のみです。

カロリーや油を気にせず、甘いものやお酒だって楽しめるなんて!  もちろん節度は守りましょう。

難しく考えすぎないで、コンビニやスーパーマーケットなどで商品を購入する時に、ロカボマークや栄養成分表示を見るようにしてみてください。

食べたいものを我慢ばかりするのではなく、一度に食べる量を減らしたり組み合わせを変えるだけで甘いもの・デザートの幅も広がります。

しかし、今のコロナの時期に、商品を色々手に取り裏の栄養成分表示を見るのは気が引けてしまいます。💦

表のロカボマークがあると表に糖質のgが表示されているものも多く、ロカボマークが無くても栄養成分表で糖質の10g以下のデザートも探すと多くあります。

ロカボマークがない商品は、どうしても食べたいものに絞って、手に取り裏の栄養成分表示で糖質g確認し購入しています。

購入後は、しっかり手を洗いましょう。✋を👏

◉あわせて読みたい参考記事

まとめ

糖質制限って、聞いたことありますか?

糖質制限は、糖質を多く含む食品を制限するダイエットやメタボリックシンドローム予防食事法のひとつです。

でも、一体 糖質って何?

3大栄養素である、炭水化物の構成成分です。

糖質は体内で吸収されると、活動するための重要なエネルギー源となる栄養素です。

糖質=炭水化物ー食物繊維です。

炭水化物糖質糖類

特になにも制限しない場合には、1日約300gの糖質を取っていると言われています。

1日約300gから、普通、ゆるい、軽め、きびしめの糖質制限に分け、自分自身がどの程度の糖質制限を進めていきたいのかを決めてください。

糖質制限では、まず1日当たりの糖質の摂取量の目安を知ることから始めましょう!

1日糖質・摂取目安量

  • 制限なし(通常) ⇨ 300g
  • ゆるい糖質制限  ⇨ 100~150g
  • 糖質制限     ⇨ 60~100g
  • きびしい糖質制限 ⇨ 60g未満

ゆるい糖質制限・ロカボは、気をつけるのは糖質の量のみです。

ロカボでは、アルコールも普通に飲んでいいということです。

カロリーや油を気にせず、甘いものやお酒だって楽しめるなんて!  もちろん節度は守りましょう。

食べたいものを我慢ばかりするのではなく、一度に食べる量を減らしたり組み合わせを変えるだけで甘いもの・デザートの幅も広がります。

表のロカボマークがあると表に糖質のgが表示されているものも多く、ロカボマークが無くても栄養成分表で糖質の10g以下のデザートも探すと多くあります。

コロナの時代、商品を色々手に取り裏の栄養成分表示を見るのは気が引けてしまいます。

購入後は、しっかり手を洗いましょう。✋を👏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です