間接照明を寝室・リビングに使って、素敵なインテリアにしてみませんか?

最近よく間接照明って、聞きませんか?

新築やリフォームで、間接照明にしたいというご希望も増えています。
我が家でも、間接照明を使ってみたいと憧れませんか?

間接照明とは

光源からの直接光を使用せず、壁面・天井面などで反射させてから室内等を照らす照明方法。効率は悪くなるが、照度を均一にしやすく、雰囲気のある照明が作り出せる。
                            出典 リフォーム用語集について 情報

しかし、間接照明だけでは暗くなってしまいますので、スタンドやダウンライト照明器具と合わせます。

スタンドやダウンライトの照明器具は、天井や壁に光を反射させたり光の強さや色合いを調整できる調光機能もプラスして、優しい光空間のバリエーションを楽しみましょう‼

間接照明とダウンライトで、スッキリとしたLDです。

新築時・リフォーム

広いLDKのコーナー部分に、間接照明プラスしました。

LDKの一部に間接照明でインテリアプラス

LDKコーナーにL型で間接照明で、奥行き感もプラスしました

L型に間接照明を使います。

寝室に間接照明で、安らぎ感をプラスの演出です。

寝室に一方向に間接照明で、くつろぎの光です。

スポンサーリンク


リビングのコーナー部分に間接照明

大掛かりな工事をせずに背の高いスタンド照明器具を置いて、簡単にくつろぎの演出も出来ます。
コツはなるべく壁際に置いて、壁面に光を反射させて室内の照明とします。

スタンドを壁際に置いてインテリアプラス。

LDKにシャンデリアだけでは暗く感じるシーンがありますので、間接照明で光を調節できる機能もプラスして、シーンに合わせた演出でメリハリが出来ます。

LDKにシャンデリアに間接照明



スポンサーリンク


ダウンライト+間接照明は、ゴールデンコンビ

  • 最近の照明器具はほとんどLEDになり、メンテナンスも10年以上先になります。
  • そこで高い位置にも照明器具が使いやすくなり、直接光源が見えない演出も多くなりました。
  • 会社や学校と違い、住まいでの生活はくつろぎ感を求める方も多くなり、光源見えないように優しい光になります。
  • 部屋の広さに合わせて明るさの計算はありますが、明るく感じたり暗く感じたりは好みの部分も大きいので光を調整できるように調光器もセットするとベストです。

あなたは、明るい派orくつろぎ派or中間派?

  • 明るさ派➡とにかくスッキリとした明るさで均一感に明かるさを好まれる方。
  • くつろぎ派➡明るすぎると疲れるので少し暗め、優しい光を好まれる方。
  • 中間派➡TPOに応じて明るくしたり、くつろぐ時は光の調節をして1日の中でメリハリをつける方。
  • LEDは、光の色も光の強弱も調節でき省エネとたいへんすぐれものです。

まとめ

  • 間接照明とは、光源からの直接光を使用せず、壁面・天井面などで反射させてから室内等を照らす照明方法です。
  • 会社や学校と違い、家での生活はくつろぎ感を求める人も多くなり天井からの光だけでなく、反射される優しい光も好まれるようになってきています。
  • 部屋の照明をダウンライトとシャンデリアや他の照明と合わせたり、光同士のコラボで優しい光とインテリア感もプラスします。

インテリアコーディネートのご相談やお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です