内装・壁ふかしの意味・メリット・デメリットご存知ですか?

新築やリフォームの打ち合わせの中で、壁をふかして飾るスペースを作って素敵な空間にしてみたい!!
というご希望がよくあります。

しかし、改めて壁をふかすとは ?
と聞かれると・・・

壁をふかし(ふかす)の意味をご存知ですか?

建築用語としてよく使われる、壁をふかす とは?

建築で言う“ふかす”とは、仕上げ面や仕上げ線などを大きくして、前に出すことをいいます。

構造上問題の無い箇所を、デザイン上や納まり上、仕上げ面を前に出した方がよりおしゃれな空間になります。

ニッチとは、壁の一部を凹状にくぼませた部分です。
ニッチ部分に、小物などの飾り棚的、携帯を置いたりなど生活空間としても利用されることが多いです。

寝室:ベッドのヘッド面の壁をふかしています。
ニッチ+照明+アクセントクロスです。

壁をふかしてニッチ+照明+アクセントクロス

壁をふかしのメリット・デメリット

壁をふかしのデメリット

  • 構造的の壁をふかしてしまうと、家の強さとしての問題は出てきます。
  • 壁や天井をふかすことで、部屋のスペースが狭くなります。
  • 壁をふかすことで、建築費用が数万円〜数十万円上がります。

壁をふかしのメリット

  • ふかしたスペースを利用することで、デザイン性や収納などの実用性もUPさせることができます。
  • 家具を置いても邪魔にならない高さで凹凸を自由に作り、小物などを飾れます。
  • おしゃれな空間・壁面が演出できます。

◉あわせて読みたい参考記事


スポンサーリンク


内装・壁をふかし実例です1

壁をふかして、照明やタイルなどを使って仕上げています。

いかがですか?

壁をふかしてニッチ+照明です。

壁をふかしてニッチ+照明

壁をふかしてニッチ+照明です。

壁をふかしてニッチ+照明

壁の厚みを利用して浅めの、ニッチx3箇所です。

壁をふかさず壁の厚みを利用して浅めの、ニッチx3

リフォーム前の玄関ホールです。

リフォーム前の玄関ホールです。

リフォーム後の玄関ホールです。
壁をふかしてニッチ+カウンター+照明です。

壁をふかしてニッチ+照明カウンター造作しました

◉あわせて読みたい参考記事

 
スポンサーリンク




内装・壁をふかし実例です2 タイル仕様

壁をふかして、ニッチ+モザイクタイルです。

壁をふかして、ニッチ+モザイクタイルです。

LDK

壁をふかして、背面タイル(エコカラット)に間接照明にTVボードの施工しました。

LDK:壁をふかして、背面にタイルと間接照明TVボード施工です

◉あわせて読みたい参考記事

まとめ

新築やリフォームのお打ち合わせで、壁をふかして飾るスペース作って素敵な空間にしてみたい‼
壁をふかしのデメリットやメリットを理解して、活用してみましょう。

壁や天井をふかすことで、凹凸の無いすっきりした部屋に見える一方、狭くなるります。
壁をふかすことで、建築費用が数万円〜数十万円上がりるデメリットもあります。

家具を置いても邪魔にならない高さで凹凸を作り、小物などを飾れるようにするだけで、おしゃれな空間・壁面ができあがります。
ふかしたスペースを利用することで、デザイン性や収納などの実用性もUPさせメリット が大きくなっています。

新築やリフォームの際に、”壁をふかす”をプラスして、ぜひデザインの追求も一緒にプラスリフォームしてみてはいかがですか?

ブロブ:壁紙クロスを張替えたのに汚れ・シミが出るのはなぜ?も読まれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です