マイホームのリビング、玄関ホールに大切な父親の形見をリメイクしました

あなたにとって、形見 はありますか?

形見でよく聞くのは、女性に多いのが着物や指輪・ネックレスなどの貴金属品です。
男性であれば、時計・万年筆・カメラなどがあります。
中には、高価な骨董品などもあるでしょう。

形見とは

形見とは、『形を見る』という言葉から生まれたものです。

故人が愛用していたものを手にすると、生前の様子がありありと思い浮かぶのではないでしょうか。
このように、形見とは故人を思い出すよりどころになる品物をさします。

父様の形見をマイホームで使いたいというご要望です

10年以上前のお客様で、いまでも年賀状でお子様方の成長をお知らせいただき、毎年楽しみにしている方です。

形見とは、亡くなった人や別れてしまった人が残したもので、その人を思い出すよりどころになるものです。

奥様のお父様が亡くなられる前に、いつか家を建てることがあったら、この板を使ってほしいとスライスされた木の板を何枚も残されて倉庫にありました。

父親からのメッセージの形見・この板でどのようなものができるか?
時間をかけて、何度打ち合わせをしました。

形見の木の板は耐久性の問題もありますので、お客様から板は厚みもある事をお聞きしていましたので、部屋内の飾り・化粧部分なども含めダイニングテーブルやカウンターなどを候補にしながら打ち合わせをしました。

なんといっても板の状態確認を家具屋さんにみてもらいましたら、長年の保管状態は倉庫で埃をかぶった状態で良いモノではありませんでした。
スポンサーリンク


形見を形にしました

お父様の形見の木の板

家具屋さんもこの状態で家具の作成には、どこまで出来るか不安もありながらでも工場に持ち帰ってもらい、慎重に使える枚数を吟味してもらいしました。

そこから使えそうな部分だけを残し、両サイドをカットしたりと使える枚数を厳選してもらいました。
使える板の枚数から、出来る商品内容を決めていく作業でした。

但しやたらお金を掛け過ぎる事もできませんので、どこまでの工程をして納めるかも家具の職人さんと相談しながら進めていきました。

お父様の形見を使いたいという熱い思いを、形にしたいという気持ちにこたえられるように、何度も商品内容と見積もりを精査しました。

素朴な味わいは残しながら、一部の割れの部分もデザインと取り込み将来そりや割れののリスクも納得していただいた上で、商品を仕上げてもらいました。

金額だけで言うと新品既製品の方が安いのですが、お父様の形見としての商品はお金に変えられないものです。
その想いをご夫婦で共有されて、優しいお人柄にこたえられるようにその思いを家具屋さんとも共有して、親身に丁寧に作成してもらい、新築のマイホームに納めて頂き私もとてもうれしく”感謝”しています。

仕上げるまでの工程は、木の板選別・カット・乾燥と多くの工程も必要です。
いきなりの家具を作れるのではなく、まず素材に仕上げる事から始めなければスタート出来ません。

画像が悪くて申し訳ありませんが、10年以上前設置した直後のダイニングテーブルです。

お父様の木を使ったダイニングテーブルです。

形見の木の板から出来上がったものは・・・

①ダイニングテーブル(脚は他の材料で合わせてもらいました。)
②センターテーブル
③壁飾り
④玄関ホールカウンター
⑤1枚は予備

全体のインテリアのイメージはナチュラルで、色合いやカラー、デザインをあわせて全体に馴染むように・・・前からそこにあるような、”優しい空気感”のある家具に仕上がりました。

住まわれていらっしゃる方の”個性・空気感”が、室内を包みます。
目は口程にものを言うではなく、住まいも口程にものをいうでしょうか。

お引き渡しから一年程のご自宅で、今からダイニングの椅子などそろえようという状態の頃です。
このお父様のダイニングテーブルにあう椅子を、三年後に素敵なこだわりの椅子を一緒に選ばせていただきました。

①ダイニングテーブル

お父様の形見からダイニングテーブル

②センターテーブル

お父様のセンターテーブルです

 

③壁飾り
お子様の成長の記録をしるしがつくようにステンレス部分までは作り、その部分にメジャーをご主人様が貼り付けをしていただきました。フック2か所は帽子やバック用に付けました。

お父様の形見の板で成長の記録を

④玄関ホールカウンター
玄関ホールのカウンターに家族の好きなものを。

玄関ホールに取り付けてもらいました。

⑤1枚は予備
一部割れもあり、これも良い味わいです。

もったいなかったので、1枚は予備としました。


スポンサーリンク


まとめ

形見とは、亡くなった人や別れてしまった人が残したもので、その人を思い出すよりどころになるものです。

奥様のお父様が亡くなられる時に、いつか家を建てることがあったら、この板を使ってほしいとスライスされた何枚もの木の板が残されていた”形見”のリメイクでした。

あなたもマイホームに思い出の品物もお使いになりたいのなら、是非一度担当者にもお伝えください。
あなたの熱い思いに、寄り添い何とか形にしようと考えてくれる人がいるはずです。
まず、想いは口に出してみましょう。
そこから、新しいものが生まれますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です