40代~50代女性・気になる体脂肪率の平均 知っていますか?

自分の 体脂肪率 なるものをご存知ですか?

理想の 体型 というのは、体重が軽ければいい‼  サイズが細ければいい‼

という訳ではないようです⁉ 一体・どういう事でしょうか

こんなウエストだといいなあ〜♡

体脂肪とは?

体重に占める脂肪の比率をいう。見かけだけではわからない”隠れ肥満“が問題視されるようになって,専用の測定器も一般化してきた。成人男子で 25%,成人女子で 30%をこえると肥満といわれる。脂肪の燃焼を高める運動は体脂肪を減少させるとともに,新陳代謝が盛んな筋肉をつけ,それがさらに体脂肪の減少に役立つとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

  • 体脂肪とは人の体についている脂肪の総称ですが、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類に分けることができます。
  • 皮下脂肪は、皮膚と筋肉の間の皮下組織にたくわえられる脂肪のことです。
  • 内臓脂肪は胃や肝臓、腸などの内臓のまわりに付く脂肪のことです。
  • 体脂肪は、体内のエネルギー源が不足した時や体がきが状態になった時のエネルギー源とされています。
  • 人間は、呼吸をする、頭を使う、運動をするなど、全ての行動においてとにかくエネルギーを消費します。
  • そのため、エネルギー源が体内に無いと、生命の危険なのです。
  • 万が一という時に備えて、人間の体というのはエネルギー源を備蓄しておくのです。
  • 体脂肪というのは、防寒着の役割も兼ねているのです。
  • 体脂肪がある程度体内に存在するために、女性ならではのなだらかなボディライン作ってくれます。

しかし、ここからがとても 悩み どころ・・・

お腹のぜい肉💦

スポンサーリンク


ダイエットと体脂肪率について

  • ダイエットをする時に、多くの人がこだわるのは体重身体のサイズです。
  • もちろん、私も大いに体重が一番先に気になります。
  • 確かに体重と肥満度は、関連はあります。
  • 一方の体脂肪率は、その人の体に占めている脂肪の割合で、体脂肪率を基準にすることで、肥満のリスクや生活習慣病のリスクが出てくるという事に気付けるという利点があります。
  • また、脂肪と筋肉量は同じ量でも比重が違いますので、体重だけで肥満度を判断しても、あまり意味が無いのです。
  • 最近のデジタルタイプの体重計は、体重以外でも多くの数値が同時に計れる商品も多く販売されています。
  • 私はタニタの体組成計を購入して、スマホでアプリを連動させて自動でデーターを記録しています。
    我が家にある・デュアルタイプ体組成計 RD-903です。
  • デュアルタイプ体組成計 RD-903ホワイトです

    体脂肪率判定表(対象年齢6~99才)

体脂肪率は年齢・性別によって適切な割合が異なります。

この分析結果に基づいて性別と年齢ごとに細分化された体脂肪率判定表で自分のからだの状態を確認してみましょう。
出典:タニタ体脂肪率判定

◉あわせて読みたい参考記事


スポンサーリンク


デュアルタイプ体組成計・機器入力内容は

①日付,時刻
②体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、筋肉スコア、筋肉点数、内臓脂肪レベル、推定骨量、体水分率、基礎代謝量
③体内年齢

すべて、一瞬にスマホに入力完了します!
すっご〜いですね!
その項目で、7項目に”標準”判定のお知らせもついています。

私は今のところすべて、標準の評価と体内年齢は、実年齢より8歳前後若いです。

 それは、うれし〜い!!

その中で気になる体脂肪率が、標準の (プラス)とは何?

体脂肪率の40代~50代女性の平均・標準です。

標準(-):40代・50代共に22%から28%以下

標準(+):40代・50代共に29%から35%以下

どうやら、改めてデーター一覧を確認したら、私の体脂肪率は、29,10%〜30,50%の数値でした。

最近はますます、30%が少しずつ上昇傾向です! やばい 💦 ヤバい 💦

標準値は(+)と(-)とがあり、(+)はやや高め、(-)はやや低めとなります。

すっぽり標準(+)の仲間でした。➡お腹ぽっこりタイプ!

理想の体脂肪率の値については、25%くらいをキープできればという事なのですが、そう簡単には下がりません。
まず28%の標準(-)を目指します。

しかし、むずかしいですねー!
ぽっこり!こんな感じ・・・

◉あわせて読みたい参考記事


スポンサーリンク


体脂肪計を持っていない人のために

もう少し簡単に体脂肪率を求められる計算式もあります。

  • 標準体重(①)=身長(m)×身長(m)×22
    体脂肪率=(実際の体重-①)÷①×100
  • あくまで大まかな数値ですが体脂肪率を測るには、体重計/体脂肪計を使用して測るのが簡単でわかりやすいと思います。

どうしてもお腹周りが、ぽっこり! このぽっこりを中心に自分に合ったダイエット法を色々挑戦中です。

どうしてもお腹周りが、ぽっこり!こんなにスッキリなりました~ なんて、理想です❕

*高いのは 体脂肪率 はらまわり*

◉あわせて読みたい参考記事

まとめ

  • 理想の体型というのは、体重が軽ければいい、サイズが細ければいいというわけではないようです。
  • 万が一という時に備えて、人間の体というのは、エネルギー源を備蓄して防寒着の役割も兼ねているのです。
  • 体脂肪とは人の体についている脂肪の総称ですが、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類に分けることができます。
  • 皮下脂肪は、皮膚と筋肉の間の皮下組織にたくわえられる脂肪のことです。
  • 内臓脂肪は胃や肝臓、腸などの内臓のまわりに付く脂肪のことです。
  • 脂肪と筋肉量は同じ量でも比重が違いますので、体重だけで肥満度を判断しても、あまり意味が無いという事です。
  • 体脂肪率は、その人の体に占めている脂肪の割合で、体脂肪率を基準にすることで、肥満のリスクや生活習慣病のリスクが出てくるという事に気付けるという利点があります。
  • 最近のデジタルタイプの体重計は、体重以外でも多くの数値が同時に計れる商品も多く、販売されています。
  • 私は昨年暮れにタニタの体組成計を購入して、スマホでアプリを連動させて自動でデーターを記録しています。
  • 体脂肪率の40代~50代女性の平均・標準(-):40代・50代共に22%から28%以下 標準(+):40代・50代共に29%から35%以下です。

  • 体脂肪率は年齢・性別によって適切な割合が異なり、標準値は(+)と(-)とがあり、(+)はやや高め、(-)はやや低めとなります。
  • 理想の体脂肪率の値については、25%くらいをキープできればという事なのですが、そう簡単には下がりません。
  • 出来るだけ、28%の標準(-)を目指しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です