50代のあなたは、住まいの健康診断受けますか?

今住んでる住まい、将来大丈夫? 🏠

今の住まいに、不安を感じた事 ありませんか?

ネットや新聞の折り込みチラシで、外装塗装金額や屋根塗装金額安いですが、工事内容はどこにも負けません!・・・色々あります。

個人の一戸建ての場合は、外壁や屋根、床下、部屋内の壁クロスをはじめ、キッチン、浴室、トイレといった水まわり設備まで多くの修繕があります。

屋外・屋内の全てが対象となり、どこに相談すればいいのか、分からないや工務店に修繕を依頼するにしても(信用できる工務店かどうか心配だ)といった不安がつきまとうのものです。

ニュースで悪徳業者に騙された!なんてたまに聞くので、なおさら不安になります。

新築後10年目は、ほぼ全ての保証が切れる目安になりメンテナンスを考える時期になります。

そうすると知らないメンテサンス?業者さんが突然訪ねてきたりと、心配になってしまいます。

一度見積もりをお願いをしてしまうと、見積もりの内容が本当に正しいのか?
安いのか判断に困るものです。

そこで最近では、有料で家の点検をしてくれる住宅診断士という職業の人達もいます。

住宅診断士とは、住宅全体の劣化状況や欠陥の有無を目視でチェックし、メンテナンスすべき箇所やその時期、おおよその費用などを(中立な立場)でアドバイスする専門家で住宅のお医者様的な職業。

ご存知でしたか?

ただやみくもに一斉にメンテナンス工事を、年数だけでメンテナンスするのではなく、施工会社と利害関係のない第三者に頼むと、厳しく建物の現状をチエックして、施工会社が気づかなかったり、隠したりしていることも明るみになります。

お客様に住まいの健康診断を 

有料にはなりますが、快適に長く住み続けたい、子供達へ継承していきたい。

住まいに資産価値があるか知りたい、そんな方にピッタリの診断サービスもあります。

現在のお住まいに対して、経年劣化箇所の早期発見や、今後のメンテナンスすべき箇所や時期を的確に診断し、アドバイス。 より長く住み続けられるための我が家の安心を提供します。

世の中色々な職業がありますが、自分自身や家はまず”健康診断”から・・・
住まいの健康診断から計画を立てのも、安心・スッキリして暮らせるのではないでしょうか! 🏠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です