50代、そろそろ格式のあるブラックフォーマルを考えませんか? 洋装・黒のジュエリー編

ブラックフォーマルに合わせた ジュエリーってどのようなものでしょうか?

人によってはお葬式の際は、基本的にアクセサリー類は身につけないという方もいらっしゃいます。

定番は喪服に合わせるジュエリーとして”、真珠のネックレス”を身につける方が多いかと思います。

あなたは、いかがでしょうか?
スポンサーリンク




選ぶ場合は、サイズやネックレスの長さ、色や形の注意点があります

昨年若いころに購入しました真珠のネックレスとイヤリングをつけて、お葬式に参列しました。

しかし、イヤリングのサイズが小さく、年齢を考えると恥ずかしい思いをしました。

珠のサイズが大きすぎず8mm程度の真珠のネックレスとイヤリング、黒のジュエリー、漆黒のジェット(ネックレス、イヤリング、念珠3点セット)も購入しました。

黒のジュエリーには他にオニキス、黒曜石などがあります

* ジェットとは、流木が化石化したもので主にネックレスやイヤリング、 ピアス、などの装飾品に加工され、モーニングジュエリー (故人を追悼するために身につける装飾品)として、お葬式や法事などの時につけます。

 

いざ自身が喪主を務めなければならないときの、準備と心得として

  • 黒の分量が多いほうが喪服のフォーマル感があがります。
  • 黒のジュエリー、ハンカチ、手袋も全身ブラックの装いのほうが失礼がなく、ふさわしい服装です。

* 格式の 黒のジュエリー ふさわしく *

スポンサーリンク         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です