50代、そろそろ格式のあるブラックフォーマルを考えてみませんか?洋装・バッグ編

年齢とともに、ブラックフォーマルの格式も変化するのではないでしょうか?

フォーマルについての心得とふさわしい服装について見直しました

フォーマルには(正装、準礼装、略礼装)があります。

一般的な喪服は、準礼装になります。

装いは、ブラックフォーマルウェア、フォーマルバッグ、ジュエリー、黒パンプスが一般的です。

あまり一般的ではありませんが、格式をプラスするとしましたら、トーク帽や手袋もあります。

50代になると多分何度か、葬儀に参列されたり、ご自身で喪主も経験された方もいらっしゃるのではありませんか?

ブラックフォーマルはそう頻繁に使うものではないので、若いころに購入したフォーマルウェアや通常の黒の洋服で代用をされていませんか。

しかし、年齢を重ねてふさわしい”装い”服装について考えてみました。

改めて、現在あのブラックフォーマルについて考える

2015年度に何度か、お通夜や葬儀に参列をする機会があり、改めて年相応にふさわしいフォーマルを揃えなおそうとを考えさせられました。
一度に揃えるのは、たいへんなのでまず(フォーマルバッグ)から検討をしてみました。
フォーマルバッグとは、布製が一般的ですが、収納しきれない場合がありますので、サブバッグもあるとより良いと思います。

色々検討し購入したバッグは、日本の伝統をみつめすべて国産にこだわりました。

フォーマルバックの老舗(岩佐)で、バッグ、ふくさ、てさげ、バッグ3点セットを購入しました。
数あるデザインの中で、飽きのこないシンプルなデザインにしました。
* 深い黒 おくる心得 ふさわしく *

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です