50代、あなた スタンディング派? 

あなたは、話題のスタンディングデスクってご存知ですか?

北欧では一般的な、スタンディングデスク。

数年前から日本でも増えているようです。

しかし、私の周りでは、未だ実践している人は知りません。

スタンディングデスクとは、立ち姿勢のままで、仕事や作業したりできる机の事です。

立ったままで仕事をすることは、腰痛などの症状がある方やイスに座れない方や猫背にお困りの方など

正しい姿勢で集中力アップやリフレシュしたり、メリットも多いです。

同じ姿勢で、座りっぱなしにより 起こる”弊害”があります。

WHOの調べでは、1日10時間以上座る人は4時間以下の人と比べて病気になるリスクが40%高くなるそうです。

メリット

メッリトの中では、腰痛や背中の痛みから解放され、立ち続ける事で知らず知らずに全身が鍛えられる事。

スタンディングデスクを使用するときの最適な机の高さを自動計算するツールみつけました。

私の身長:160cm

書き仕事の作業の場合:98cm

パソコン作業の場合:93cm

しかし、メリットもあればデメリットもあります。

デメリット

① 最初のうちは、筋力もなく脚がつかれやすい。

② 体力的にイスに座る時間をいれないと、仕事が続かない。

③ 単純作業は出来ても、集中力の必要な仕事は座わらないとできないという人も多い。

私は長時間座り続けないように 立ったり座ったりして自分のタイミングで調整をしながら作業をしています。

* メリットと デメリット知り 対処する *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です