40代から女性・気になる体脂肪の本当の正体知っていますか?

自分の 体脂肪 なるものをご存知ですか?

理想の 体型 というのは、体重が軽ければいい‼  サイズが細ければいい‼

という訳ではないようです⁉ 

体脂肪の正体とは、一体・何なのでしょうか

お腹まわり気になるなあ〜♡ 何とかしたいよー

体脂肪の正体とは?

体脂肪って、一体なんでしょうか?

  • 体内のエネルギー源が不足した時や体がきが状態になった時のエネルギー源とされています。
  • 人間は、呼吸をする、頭を使う、運動をするなど、全ての行動においてとにかくエネルギーを消費します。
  • そのため、エネルギー源が体内に無いと、生命が危険なのです。
  • 万が一という時に備えて、人間の体というのはエネルギー源を備蓄しておくのです。
  • 体脂肪が少なすぎてしまうと体温が低下したり、自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが崩れたり、生命が危険場合もあります。
  • 体脂肪というのは、防寒着の役割も兼ねているのです。
  • 体脂肪とは身体を構成する脂肪の総称ですが、皮下脂肪内臓脂肪の2種類に分けることができます。
  • 皮下脂肪はその名の通り皮膚と筋肉の間の皮下組織に蓄えられる脂肪のことで、内臓脂肪は胃や腸、肝臓などの内臓の周りに付く脂肪のことです。
  • ホルモンの関係で、一般的に男性は内臓脂肪が多く、女性は皮下脂肪が多い傾向にあります。
  • 内臓脂肪は食事だけでも落としやすく、皮下脂肪は食事だけでなく運動も合わせて行わないと落としにくいことが分かっています。
  • 体脂肪がある程度体内に存在するために、女性ならではのなだらかなボディライン作ってくれます。

しかし、ここからがとても 悩み どころ・・・

お腹のぜい肉・つまめます💦

スポンサーリンク


女性ホルモンの関係で、女性は皮下脂肪型肥満になりやすい

皮下脂肪がつく原因
  •  運動不足とカロリー過剰摂取が主な原因になります。
  •  日頃から摂取カロリーを上回ることで脂肪が蓄積してしまい、特に運動不足は脂肪の蓄積を助長してしまいます。
  • 皮下脂肪がついてしまうのはカロリーの過剰摂取と運動不足が原因で、日頃から摂取カロリーが消費カロリーを上回る事で脂肪が蓄積され、特に運動不足は脂肪の蓄積が増します。
  • 女性の場合、授乳期の貯えとして皮下脂肪を溜める働きがあります。

皮下脂肪は、ぷよぷよたるんでいます。

皮下脂肪は、ぷよぷよたるんでいます

改善

  • 皮下脂肪は内臓脂肪と比較すると燃えにくい為、一回あたりの運動に時間をかける必要があります。
  • ジョギングや自転車、水泳などの長く続けられる運動を頻繁に行い、1回に30~60分、週に3回を目安に行うのが大切です。
  • 有酸素運  筋トレが向いています。

体脂肪の正体・皮下脂肪と内臓脂肪

🍐 タイプは2つです 🍎

皮下脂肪: 洋ナシ型 🍐
  • お腹の皮膚の下に脂肪がたまります。
  • おしりから太ももにかけて、下半身に多く脂肪がつきます。(洋ナシ型肥満とも呼ばれています)
  • 女性に多い傾向があります。
  • 食事だけでなく運動も合わせて行わないと落としにくく、減らすのに時間がかかります。
内臓脂肪: りんご型 🍎
  • 体の奥のおなかの内臓まわりや腸など、外から目では見る事が出来ない部分に脂肪がたまります。
  • 上半身に多く脂肪がつきやすいです。(リンゴ型肥満とも呼ばれています)
  • 中年の男性に多く見られますが、閉経後の女性にも増えます。
  • 減らしやすいと言われています。

肥満のタイプ

画像:(株)東日本技術研究所

スポンサーリンク


脂肪は年齢が上がると、お腹に集まる?

年齢とともに、お腹まわりの脂肪が一番気になりませんか?

脂肪とは生きていくためにも、エネルギーとしても必要だと理解できますが・・・

しかし、必要以上についてしまう”脂肪”はかなりの悩みの種です💦

なぜ?
年齢が上がると、脂肪はお腹まわりに集まってしまうのでしょうか?

脂肪は年齢と共にお腹に集まる?

【図1】をご覧下さい。このグラフは「全身の脂肪を100とした時、何%が体幹部についているか」を年代別に表したものです。男女とも加齢とともに体幹部への脂肪の分布(内臓脂肪も含む)がどんどん増えているのがわかります。

体幹部というとほとんどが腹部です。50歳以上になると男性では全身の脂肪のうち6割以上が主に腹部についていることになります。女性でも30代を超えると5割以上の脂肪が腹部に分布しています。ある程度年齢を重ねた人は、全身の体脂肪率があまり高くなくても、腹部の脂肪分布が増えている可能性が高く、その中でも特に内臓脂肪が増える傾向があります。

加齢による体幹部脂肪の分布変化

しかも、腹部の脂肪や内臓脂肪が多くなると血中脂質や血圧が高くなりやすくなり、メタボの危険性が高まります。その上、肝機能への影響も出てくることが統計的にもわかっています。30代以上の方は全身の体脂肪率が高くなくても油断は禁物です。お腹の脂肪が気になり出したら見た目 だけでなく健康的にも注意が必要です

出典:タニタ

スポンサーリンク


まとめ

自分の 体脂肪 なるものをご存知ですか?

理想の 体型 というのは、体重が軽ければいい‼  サイズが細ければいい‼

という訳ではないようです⁉ 

体脂肪の正体とは、一体・何なのでしょうか

体脂肪って、一体なんでしょうか?

  • 体内のエネルギー源が不足した時や体がきが状態になった時のエネルギー源とされています。
  • 人間は、呼吸をする、頭を使う、運動をするなど、全ての行動においてとにかくエネルギーを消費します。
  • そのため、エネルギー源が体内に無いと、生命が危険なのです。
  • 万が一という時に備えて、人間の体というのはエネルギー源を備蓄しておくのです。
  • 体脂肪が少なすぎてしまうと体温が低下したり、自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが崩れたり、生命が危険場合もあります。
  • 体脂肪というのは、防寒着の役割も兼ねているのです。
  • 体脂肪とは身体を構成する脂肪の総称ですが、皮下脂肪内臓脂肪の2種類に分けることができます。
  • 皮下脂肪はその名の通り皮膚と筋肉の間の皮下組織に蓄えられる脂肪のことで、内臓脂肪は胃や腸、肝臓などの内臓の周りに付く脂肪のことです。
  • ホルモンの関係で、一般的に男性は内臓脂肪が多く、女性は皮下脂肪が多い傾向にあります。
  • 内臓脂肪は食事だけでも落としやすく、皮下脂肪は食事だけでなく運動も合わせて行わないと落としにくいことが分かっています。
  • 女性ホルモンの関係で、女性は皮下脂肪型肥満になりやすい
皮下脂肪がつく原因
  •  運動不足とカロリー過剰摂取が主な原因になります。
  •  日頃から摂取カロリーを上回ることで脂肪が蓄積してしまい、特に運動不足は脂肪の蓄積を助長してしまいます。
  • 皮下脂肪がついてしまうのは「カロリーの過剰摂取」と「運動不足」が原因で、日頃から摂取カロリーが消費カロリーを上回る事で脂肪が蓄積され、特に運動不足は脂肪の蓄積が増します。
  • 女性の場合、授乳期の貯えとして皮下脂肪を溜める働きがあります。

改善

  • 皮下脂肪は内臓脂肪と比較すると燃えにくい為、一回あたりの運動に時間をかける必要があります。
  • ジョギングや自転車、水泳などの長く続けられる運動を頻繁に行い、1回に30~60分、週に3回を目安に行うのが大切です。
  • 有酸素運  筋トレが向いています。
  • 運動によるエネルギー消費と、食事減による摂取エネルギー抑制の両方をバランス良く実行していきましょう❣

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です