50代女性、あなたは 叩いて わたる派?

石橋を叩いて渡の意味をご存知ですか?

慎重にやることの表現として、非常に有名なことわざです。

①慎重に、用心深く物事をやるという意味が幅広い場面で使わています。

すべて良い意味だけでは、ないような???

私は血液型A型で慎重派、何事にも準備をして臨みたいタイプ。

昔は慎重すぎて、石橋を叩き過ぎて渡らなかったり最後には壊して

しまい渡れなくなるような残念な経験。。。

そう慎重にやるのは大事なことではありますが、度が過ぎるのもよくない。

人から褒められて、あまりにも謙遜が強すぎると、嫌みな感じの

出ている人いますよね!

何事も準備なしの行き当たりバッタリタイプの人も、いただけません。

慎重さは大事なこととされるものの、反面慎重すぎて臆病になって

しまい物事が進まないのもよくない。

このことわざは、良い面と残念は面をもった面白いことわざですね。

ある程度準備出来たら、思い切って前に進み渡れたら・ラッキー。

万が一落ちてしまったら、その時のために保険に入って

おきましょう。

成功、失敗両方のイメージを頭の中で巡らすイメージトレーニング。

よくスポーツ選手が実行しているあれですよ!

私は新しい事を始めるときは、両方のイメージを持ちかたや保険的な

ことも考えておくと心が楽になれます。

いずれにしても、過ぎたるは猶及ばざるが如しとも言いますから
何事もほどほどにと言う、考えもあります。💦

何事も道は一つではない、臨機応変にたまには自分に甘く、

追いこみ過ぎないようにご注意くださいませ。♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です