高齢者親の免許返納の思いがけない落とし穴!自動車メーカーディーラーにあり⁈

高齢者の交通事故のニュースが報道されるたびに、ドッキリさせられる方は多いのではないでしょうか?
あ~‼ 他人事ではないと・・・😢

高齢者マークと事故のイメージです

私の両親は80代で、車で10分程度の距離に住んでいます。
お互い、安心な距離間です。

両親とも介護認定や介護要支援認定もなく、2人助け合いながら生活出来ているのは娘としてはとても助かっています。

高齢者の元気で穏やかな夫婦です

しかし、高齢になった親の免許返納の悩みがあります。

80代父親の免許返納を、色々手を尽くしてはいますが上手くいかないのが家族の大きな悩みです。

高齢者の方は車を使う頻度や目的によって、効果的な免許返納の説得方法は人それぞれ変わると思います。
メリット一つとして、免許返納した場合の特典も、県のホームページに掲載をされています。

一度各県のホームページの免許返納で使える、お得な情報を確認して参考にしてみてはいかがでしょうか?

高齢者の運転免許返納のイメージです

一般的な高齢者の性格は、決められた自動車の定期点検をしっかり受けます

高齢者運転者の思いとは

  • 高齢者の車の運転に対する思い入れは、一人一人さまざまな思いがあり無理やりに取り上げることは望みません。
  • 単なる移動手段としてではなく、運転そのものを楽しみに感じていたりします。
  • 苦労して手にした免許や車そのものに、特別な思い入れがあります。
  • 長年事故なく運転してきた、プライドを抱いていたりもします。
  • 田舎では特に高齢者の運転は切実な、家族の大切な交通手段だったりもします。

例:80代高齢者父親の性格とは?

高齢者父親の車の運転姿です

  • 好きな自動車メーカーを一筋に何十年も貫き、メーカーへの信頼度が高いです。
  • 新車の見積書でも、仕様やどんなオプションがついているか詳しく把握せず、メーカー担当者のおすすめを信頼しています。
  • 自動車購入でも、総額の支払いの金額は気にしますがメーカー担当者を信じ値段の交渉などはほとんどせず出された見積もりで契約をします。
  • 昔は車の運転は、男がするものだという考えが親世代には多くあり、高齢の女性は運転しない方も多く車の選択権はすべて父親にあります。
  • 高齢者本人がまだ運転できるとか、運転に自信があると言ってきかないなど・・・
  • 車検はもちろんですが、指示された定期点検などのメンテナンスの日程などはしっかり守りまじめです。

自動車メーカー・新車デイーラーでの、定期点検でまさか‼

2020年!新車ディーラーに父親が定期点検に訪れた時です。

私が思いもかけず、驚いたのは?

デイラー担当者より運転されるなら安全性が高いからと、80代高齢者に新車を進める見積書を渡されるとは?

まさか!こんなところに、落とし穴があるとは?

  • 80代の高齢者にも、新車のセールス見積書。
  • 免許返納を考え始めている高齢者にも、見積書。
  • 新車見積書に、手書き赤字”自動ブレーキ・踏み違い防止付と安全性強調も本気度も高い見積書。
  • 購入は月々分割x58回 ⇨ 80歳でも月払いで分割の購入のすすめ?見積書。➡ 何歳まで生きられる?
  • 国から補助金が、7万円 もらえますとお得感出している見積書。
  • 安心・安全なお車ご検討よろしくお願いします!!と手書きで書き込み見積書。

80代高齢者に出された新車の見積書です

  • 高齢者本人は運転は続けたいが、そろそろ免許の返納をしないといけないのだろうと悩む父親・・・
  • 新車を買ってまで、車に乗り続けることまで考えていなかった、80代の父親にどどめのささやき・・・
  • 先日、92歳の方もこの新車を購入されましたよ。( ゚Д゚) 💦

自分より、年上の人が新車を購入 ➡ だったら自分もまだ大丈夫と迷う気持ちが芽生えてしまう?

世の中高齢者の事故・免許返納に悩む家族のニュースも数多く報道されていても、80歳、90歳の高齢者に車のセールスをしてしまうのですね。

  • 車の販売が、自動車メーカー新車ディーラーですが・・・
  • 高齢者の周りの運転免許返納に悩む家族の葛藤は・・・
    知らない? 知りたくない?

ドライに考えると自動車メーカーも商売ですので、点検にやってきた人にはまず新車を進めるのは当たり前と考えるのでしょうか?

自動車メーカーディーラーの方へ家族からのメッセージ

今後も点検も含め、自動車メーカーディーラーに行くこともあるでしょう。
今回は担当者のただ、”参考までの見積です””という言葉を信じます。

しかし、お願いがあります。

  • 車が欲しいと高齢者本人が言わない場合は、せめて80歳、90歳の高齢者には新車セールスの見積書はご遠慮いただけたら助かります。
  • 万が一高齢者本人が新車が欲しいと言ったら、売らないわけにはいかないでしょうが・・・
  • そう!一言  ”ご家族の方は車の購入をご存知でしょうか?”と聞いて欲しいのです。
  • 誰でも車の運転スタートしたら、運転の終わりは来ます。➡ いつか私たちにもおおとずれます‼
  • 高齢者の免許返納にあたり、好きな自動車メーカーの車で事故なく無事に終了出来きるようにお力添えをお願いします。
  • 人生の最後が、事故の加害者として終わらせたくはないです。
  • 真面目に定期点検も行く高齢運転者、最後まで無事故で運転人生終わらせてあげたいのです。
  • 今後新車の見積もりは必要なしと次回の定期点検、修理なども含め、後少し父親の運転点検ににお付き合いもお願いします。
  • 長いお付き合いの、お互い後味悪く終わらせたくありません。
  • 父親のあと少しの、免許返納に向けて応援団は多い方がしあわせです。🍀
  • 営業成績にはなりませんが高齢者運転手を、暖かく見守っていただけましたらとても嬉しく思います。

高齢者本人の免許返納に向けて、自動車デイラーメーカー担当者にも心強い味方になってもらいましょう。

🌸 みんなで80代高齢者父親の運転の免許返納の花道を、作ってあげたいと思っています。🌸

高齢者の車につけられた、高齢者マークです

🍀 高齢者マークとは

表示義務も、表示しなくても罰則はありませんが、自動車運転免許を所有し70歳以上で車を運転する機会があるかたは、安全のためにも入手したい高齢者マーク(高齢運転者標識)

まとめ

高齢者の交通事故のニュースが報道されるたびに、ドッキリさせられる方は多いのではないでしょうか?
あ~‼ 他人事ではないと・・・😢

高齢者親の免許返納に対しての、悩みがあります。

80代父親の免許返納を、色々手を尽くしてはいますが上手くいかず家族の大きな悩みです。

80代高齢者父親の性格とは?

  • 好きな自動車メーカーを一筋に何十年も貫き、メーカーへの信頼度が高いです。
  • 新車の見積書でも、仕様やどんなオプションがついているか詳しく把握せず、メーカー担当者のおすすめを信頼しています。
  • 自動車購入でも、総額の支払いの金額は気にしますがメーカー担当者を信じ値段の交渉などはほとんどせず出された見積もりで契約をします。
  • 昔は車の運転は、男がするものだという考えが親世代には多くあり、高齢の女性は運転しない方も多く車の選択権はすべて父親にあります。
  • 車検はもちろんですが、指示された定期点検などのメンテナンスの日程などはしっかり守りまじめです。

デイラー担当者より運転されるなら安全性が高いからと、80代高齢者に新車を進める見積書を渡されるとは?

まさか!こんなところに、落とし穴があるとは?

  • 80代の高齢者にも、新車のセールス見積書。
  • 免許返納を考え始めている高齢者にも、見積書。

自動車メーカーディーラーの方へ家族からのメッセージ

  • 車が欲しいと高齢者本人が言わない場合は、せめて80歳、90歳の高齢者には新車セールスの見積書はご遠慮いただけたら助かります。
  • 人生の最後が、事故の加害者として終わらせたくはないです。
  • 真面目に定期点検も行く高齢運転者、最後まで無事故で運転人生終わらせてあげたいのです。
  • 今後新車の見積もりは必要なしと次回の定期点検、修理なども含め後少し父親の運転点検ににお付き合いもお願いしました。
  • 今まで長いお付き合いが続いて、お互い後味悪く終わらせたくありません。
  • 父親のあと少しの、免許返納に向けての応援団は多い方がしあわせです。🍀
  • 営業成績にはなりませんが高齢者運転手を、暖かく見守っていただけましたらとても嬉しく思います。
  • 高齢者の免許返納にあたり、好きな自動車メーカーの車で事故なく無事に終了出来きるようにお力添えをお願いします。

高齢者本人の免許返納に向けて、自動車メーカーデイラー担当者にも心強い味方になってもらいましょう。

🌸 みんなで80代高齢者父親の運転の免許返納の花道を、作ってあげたいと思っています。🌸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です