皆さん、 視野の中に何か 見えませんか?

 皆さんは、黒い点や虫のようなもの、又は薄い雲のようなものが視野の中に

見えたことはないでしょうか?

 私は、2017年 1月1日、昼過ぎ 右目の 半分位の範囲で 急に”黒い長い線が次から次に流れてきて、何が起こったか??
座り込んでしまいました。

目を閉じて座ったり、疲れがたまったかな?と思いお昼寝をしてみました。
目が覚めても 右目には 数個の点や線が フワフワ動いて見えてきました。
日にちが過ぎると量は、落ち着いてきましたが、元旦の量があまりにも多かったので、

1月6日眼科で色々の検査をしてもらいました。

■ 飛蚊症の原因について

飛蚊症の原因は、特に治療が必要でない「生理的」なものと、治療をしないと視力が
傷害されることがある「病的」なものに分けられます。
私は、生理的飛蚊症の診断でした。

CIMG2731.JPG

飛蚊症とは

視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。

目を動かしても、影は同じ方向に移動しかつ細かく揺れるので、その名のとおり目の前を蚊が飛んでいるように感じます。
ただし、影の形は、ひも状のものやリング状のものなどさまざまです。いつもは気が付かなくても、白い壁を見たときや空を見たときにははっきりと現れることが多いといわれています。

ほとんど場合は、加齢などの生理的変化によるものですから、心配いりませんが、たまに網膜剥離など重篤な疾患の前触れであることがあるので注意が必要です。

 私の飛蚊症は、生理的飛蚊症だったため 特に眼科で治療はないという事でした。
病的なものではないことは 一安心はしましたが、でも、慣れるしかない、

あきらめるしかない、気が重くなります。。
今は飛蚊症レーザー治療もあるともことですが、それも怖い! 

約1年過ぎて、消えることはありませんが他の事に集中していると 殆ど気

にはなりませんが、気にしだすと目の前に”フワフワ”と仕方ないですね。

* ふわふわと 優雅に泳ぐ 目の前で *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です