孤独をさける、50代からの仕事と友人とは。

孤独・・・

あなたは、定年後の仕事を抜きにしても付き合える友達がいますか?

定年後は会社を通じて作ってきた人間関係がリセットされ、同僚や知人との交流が切れてしまう人が多いです。

私も仕事や日常に追われ、仕事の仲間中心の日々になっていますね。

趣味は仕事という仕事人間ほど、退職後にやることをみつけられず、

さみしい日々を過ごしてしまうのです。

人とのかかわりが少なくなると、認知症リスクが高まるなどの問題もあり、

そんな寂しい老後を回避するため、会社を辞めても付き合える友人や

自分の好きな趣味や仕事を50代から準備始めないと、定年になり

そこからだと体力や気力が難しい事もあるでしょう。

自分の母親を見ても、女性の場合は趣味など友達と楽しそうに外出しています。

父親は友達と一緒というより、一人で出来る趣味や動物を可愛がったりと時間を過ごして、家にいる時間も母より多いです。

私達夫婦も今はお互い仕事をしていますので、四六時中一緒にいないので、適度の距離間がありなんとか?
大丈夫ですが、

夫婦もいつも一緒だと、息が詰まるという気持ちは想像がつきます

妻は自分の友人たちに会いに行ってしまい、ご主人が家でテレビを

見ているだけの毎日。「定年して時間ができたから」といって、妻が

友達のようになるとか限りません。

夫婦でも お互いの趣味や食べたいもの、見たいものなど違います。

無理して相手に合わせ続けると、長くはもちません。

60歳〜65歳ぐらいからは、もう嫌いな事は誰かを傷つけないのなら、

無理してまでしなくていいのでは、と思っています。

金銭的には限度はあるかと思いますが、好きな事を中心に努力しながら、

65歳ぐらいからは楽しみたいです。

生きていればすべてが思うようにならない事もが、多いです。

しかし、おしゃべり好きな私は、誰かとかかわりながら暮らせるように

今はもう少し努力を続けようと思います!

* しあわせは 歩いてこない (だから)歩いていく *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です