はじめての一人暮らし!ロフト付きアパートのメリット・デメリットとは?

はじめての一人暮らし!
ロフト付き
アパートの暮らし!

あこがれますよね~!✨

メリットだけでなくデメリットもしっかりと理解して、解消法とアイデアで自分のライフスタイルに合わせた楽しみ方・暮らし方も考えながら、ロフト付きアパートにチヤレンジしてみませんか?

ロフト付きアパートの素敵なインテリアです

 

ロフトとは?

1980年代後半に一人暮らしの賃貸物件から広がり始めて、一般の住宅でも子供部屋や寝室、収納スペースとして使われているロフト空間のメリットデメリットを確認してみましょう!

メリットは、限られたスペースを有効活用、メリハリのある空間、おしゃれな空間にすることができることです。

デメリットは、空気が回りにくく特に夏は暑い、天井が低い、掃除がしにくい、階段の昇り降りがあぶないなどがあります。

ロフトをどう活用したいかを具体的に確認することで、デメリットも超えてメリットを大きく活かした暮らし方を考えてみませんか?

ロフト付きアパートイメージです

ロフト付きアパートのメリット・デメリットとは

限られた予算の中で、狭いワンルームで寝る場所と収納場所が足りないという住宅事情もあって、ロフトベットの要望や希望は高くなっています。

メリット

  • 寝室代わりに使用や収納場所、この二つが主要な使途に使用できます。
  • 他に趣味・仕事の場所にも使え、ワンルーム部分とロフト部分でスペースの使い分けができることができます。
  • 天井が高くて開放感があり、 冬はロフト部分が暖かいことは助かります。
  • 部屋がおしゃれに見えインテリアのイメージアップがアップできたり、来客時などにとりあえず物を隠すことができます。

デメリット

  • 夏のロフト部分は、とにかく暑い!サウナ状態!物置でしか利用できないなど夏場は特に注意が必要になります。
  • 地震や災害時の避難も含め、階段の昇り降りがあぶない・物を持って登れない・落ちそうになったなど階段の昇り降りが面倒や危険を災害時の避難が心配であります。
  • ロフト部分の天井が低く頭をぶつけてしまったり、奥に置いたものなど取りにく出しにくいことがあります。
  • 部屋全体の天井が高く、特に冷房がききにくく冷暖房費がかかります。
  • ハシゴの足を乗せる部分の幅が少ないことで、足が痛かったり怖いのが原因にあります。



解消法1・暑さ

  • ロフトスペースに近い位置へ開口部に窓を設置していたり、夏場には窓を開けるだけで空気が循環し気温を下げる効果があります。
  • 強制的な空気循環をプラスするだけで、かなり快適に生活しやすくなります。
  • 天井に吊り下げるシーリングファンが有効ですが、無い物件も多いのでサーキュレーターや扇風機1つでも結構効果があります。

強制的な空気循環のインテリファンです

 

強制的な空気循環のサーキュレーターです

解消法2・安全

  • 踏面に一定の幅を持たせた小ぶりな固定階段を特注したら、ハシゴよりも安定性は高く、収納スペースも兼ねた活用法があり安全性は上がりますが、階段そのもののスペースがかなり必要となるため、狭いワンルームなどでは固定階段は難しいです。
  • ロフトのハシゴの取り付け方法は、バーにひっかけるタイプが多く地震などで外れてしまい下に降りれなくなる危険もあります。
  • ハシゴが万が一外れてしまった場合ハシゴとパイプを連結させて、安全・安心のためハシゴの転倒を防ぐ、ハシゴの倒れ防止ベルト(安全ベルト)の活用をおすすめします。

 

ロフト付きアパートのハシゴと倒れ防止ベルトのある風景

ハシゴとパイプを連結させて、ハシゴの転倒を防ぐハシゴの倒れ防止(安全ベルト)を強くお勧めしす。

倒れ防止ベルトの名称

下記写真のロフトはハシゴ前に壁があるため、ハシゴの転倒を防ぐ効果はありますが、ロフトの入り口が狭く物を上げるのに苦労します。

ロフト入口のハシゴです

 

ハシゴの取り付け状態です

まとめ

一人暮らし!ロフトのある暮らし!

メリットだけでなくデメリットもしっかりと理解して、解消法とアイデアで自分のライフスタイルに合わたロフト付きアパートの楽しみ方考えてみませんか?

メリットは、限られたスペースを有効活用、メリハリのある空間、おしゃれな空間にすることができることです。

デメリットは、空気が回りにくく特に夏は暑い、天井が低い、掃除がしにくい、階段の昇り降りがあぶないなどがあります。

  • 解消法1暑さ
    ロフトスペースに近い位置へ開口部に窓を設置していたり、夏場には窓を開けるだけで空気が循環し気温を下げる効果があります。
  • 強制的な空気循環をプラスするだけで、かなり生活しやすくねります。
  • 天井に吊り下げるシーリングファンが有効ですが、無い物件も多いですがサーキュレーターや扇風機1つで結構効果があります。
  • 解消法2安全
    足が痛い・怖い原因はハシゴの踏面:フミヅラ(足を乗せる部分)の幅が少ないことにあります。
  • 踏面に一定の幅を持たせたハシゴを特注で作成してハシゴよりも安定性は高く、収納スペースも兼ねた活用法は安全性は上がりますが、階段そのスペースがかなり必要となるため、狭いワンルームなどでは固定階段は難しいです。
  • ロフトのハシゴの取り付け方法は、バーにひっかけるタイプが多く地震などで外れてしまい下に降りれなくなる危険もあるため、そんな万が一外れてしまった場合でもたハシゴとパイプを連結させて、ハシゴの転倒を防ぐハシゴの倒れ防止(安全ベルト)を強くお勧めしす。

せっかくロフト付きの部屋に住むのなら、メリット・デメリットを理解して、狭いアパートでも、ロフト付きアパートは知恵とアイデア次第で自分だけの特別な空間を作ることができます。

あなたのライフスタイル ”ロフト付きアパート” 楽しんでみませんか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です