トイレ・便器の寿命や交換リフォームのタイミングわかりますか?

あなたは、毎日何回 トイレにいきますか? 🚻

トイレ回数の目安としては、日中6~7回、夜間0回です。
1日6回〜7回の回数のトイレ、便器の寿命がきてしまい!突然使えなくなるとたいへんです。

便器の寿命とは

  • 便器は丈夫な陶器製で割れたりしなければ、100年以上はもちます。
  • しかし、タンクの中の部品の寿命は約10年、パッキンや配管の寿命は約20年です。
  • 一般世帯の温水洗浄便座の普及率は約80%(最近は、一世帯に2台持ちも多いです。)
  • ご家庭でも使われている”温水洗浄便座”の故障が、便器の交換や同時に床や壁紙などのリフォームを考えられるきっかけになります。

清潔感のあるトイレです

統計からみる温水洗浄便座の普及数

温水洗浄便座の一般世帯での普及率は約80%となり、100世帯当たりの保有数量は100台を突破しています。
今後の買い替え需要の増加により、省エネ・節水性能に優れた製品に置き換わることで、さらなるCO2削減が期待できます。

※グラフは一般世帯の普及率、保有状況
(一般世帯:全国の一般世帯のうち外国人・学生・施設等入居世帯、世帯人員が一人の単身世帯を除く世帯)
※普及率:所有している世帯数の割合
※保有数量:100世帯当りの保有数

出典:内閣府 消費動向調査

スポンサーリンク


トイレ・リフォームのタイミングとは

  • 寿命とは家族構成や使用頻度にもよりますが、使用出来るともったいないと思う気持ちから、ついついリフォームを先延ばしにしてしまい急に壊れて、何日もトイレが使えなくなることを考えてみて下さい。
  • 壊れて慌てて、商品や業者を選んでしまうと値段や工事内容が妥当のか?判断する余裕はありません。
  • 慌てて工事を依頼してしまうと、 納得のいく工事にならない事と工事費も高額になる可能性があります。
  • 温水洗浄便座の寿命は、使用頻度にもよりますが7年から10年と言われています。
  • タイミングはタンク部品などの寿命も考えて、10年から15年が目安になります。
  • さすがに10年は早い気になりますが、実際は15年から20年目安の交換のタイミングが一番多いです。
  • 10年過ぎたら、リフォームの場合の準備をスタートしてみてはいかがでしょうか。

◉あわせて読みたい参考記事


スポンサーリンク



トイレ・リフォームや修理での注意点は

  • 最近では、ウォシュレット(温水洗浄便座)も優れた商品が販売されています。
  • 10年ほど使用すると修理をするよりも新品を購入する方が、節水・節電や衛生面にもすぐれた製品も発売されています。

節水・節電

いつもどおりに使っていても経済的、TOTOの環境テクノロジー。
おまかせ節電:ネオレストAH1・RH1・DH、GG・GG-800、アプリコットF3A・F3・F2A・F2・F1A・F1(レストパルF・レストパルのアプリコットも含む)、ウォシュレットS・SB
スーパーおまかせ節電:ネオレスト、アプリコット(レストパルF・レストパルのアプリコットも含む)

Point 4 節水・節電
出典:TOTO
  • 20年以上従来品のトイレを使い続けるとして、上記図から従来品から節水・節電最大合計金額約20,000円x20年₌400,000円 この金額でお得にリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。
  • 他の水まわり(キッチン・お風呂)のリフォームのタイミングと合わせてすれば、もっとも効率よくできます。

スッキリしたおしゃれなトイレです

◉あわせて読みたい参考記事


スポンサーリンク


まとめ

  • タンクの中の部品の寿命は約10年、パッキンや配管の寿命は約20年です。
  • 温水洗浄便座故障が、便器の交換や同時に床や壁紙などのリフォームを考えるタイミングになります。
  • 急に壊れて、何日もトイレが使えなくなることを考えてみて下さい。
  • 交換のタイミングはタンク部品などの寿命も考えて、10年から15年が目安になります。
  • 他の水まわり(キッチン・お風呂)のリフォームのタイミングと合わせてすれば、効率よくできます。
  • 10年過ぎたら、リフォームの準備をスタートしましょう。

ご相談やお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
スポンサーリンク
   
  相談やお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です