インテリアコーディネーターって、わかりますか?

最近では、横文字カタカナ職業・多いですよね!

例えば、

エステティシャン ツアーコンダクター、メイキャップ,アーティスト、アロマセラピスト、トリマー、心理カウンセラー、

ホームペルパー、ファイナンシャルプランナー他多数、よく聞きます。

最近は、なんとなくでも、職業のイメージがわかる時代になりました。

私、インテリアコーディネーターですと言っても・・・

私が30年ほど前は・・・

”インテリアコーディネーター”ですと、名乗っても相手の反応は少し微妙な感じもありました。

やはり当時は、あまりピンとこず、

工事・ねーちゃんとか冷やかされた事もあり、雰囲気を壊さないように”そうです”と答えたりもしました。

現場で若い女性が男性の大工さんに指示をだして、工事をお願いするのは⁈

大変な部分ありましたが、現在は現場でも女性も多くなりほとんど違和感はありません。

*改めてお聞きします*

インテリアコーディネーターの仕事内容わかりますか?

インテリを合わせた、素敵なLDです

スポンサーリンク


ただ単純に、内装の色だけ決める仕事ではありません

お客さまにとってベストな提案が出来るように、好みやライフスタイル、予算などを話の中から聞き分けながら進めます。

インテリアについての知識はもちろんですが、照明器具の種類や機能性、壁紙の材質、キッチンなど設備に関することなど・・・

依頼に応じてかなり広い範囲までの提案・アドバイスまでする仕事です。

家の中にある物は、広い意味でインテリ+暮らし方のコーディネイトなのです。

仕事の範囲は上記以外でも、①家具②絵③小物④家電・・・

生活にかかわる事すべてが暮らしのインテリアなのです。

私はこだわりタイプ・新商品は調べ、確認してと自分の疑問、

良かったこともお客様と共有しながら、楽しみながらお話をします。

多少個人的な考えも入ると思いますが、とても幅広い知識と経験が

インテリアコーディネーターには、きっとプラスになります。

しかし、インテリアコーディネーターは販売員ではありませんので、

自分が売りたいものではなく、数ある商品の中からお客様にとってベストな

ものを探すお手伝いをするのが、インテリアコーディネーターの仕事です。

50代は平均寿命まで30年以上ありますね!

これからも住み慣れた我が家もわが身と同じように、早めの手当てと予防は必要ではないのでしょうか。

是非、ご自分のメンテと家のメンテ早めの見直しをされてみては

いかがでしょうか? 🏠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です