50代〜さりげなく、 困った時でも お手をどうぞ!

中々この年齢になると、さりげなく手をさし出してエスコートして

くれる事もないです。

海外だとさりげなく、スマートにエスコートしてくれるシーン

見たことあります。

日本だとカップルや親子で手をつなぐことはあるでしょう。

年齢が上がると”さりげない”エスコートではなく、介護的に

みえてしまいますね。

今日は、 “手”に関する、(手すり)についてお伝えしますね。

手すりには、一般的には転倒防止につながる「歩行補助」と

「動作補助」の役割があります。

最近は手すりといっても、機能面だけてはなく”インテリア的”に

オシャレなデザインも増えています。

一般住宅で、介護が未だ必要でない場合も新築で①トイレ②オフロは
最初から手すりを付けられる方も増えています。

主な材質は・・・

①木製(木の材質やデザイン的に優れたものも多い)

②アイアンタイプ

③樹脂タイプ・・・

玄関手すり
壁に縦付けするタイプのロートアイアン製手すりです。 玄関や内階段など
高い実用性と豪華なデザインが共存した製品です。②参考

施工写真

玄関ホールにおしゃれな手すり1本と大きさの違う絵が1〜2枚あると
空間がしまります。
この様なロートアイアンのデザインは、重さもあり壁の中に下地
指示も必要になります。
価格も含め、早い段階から打ち合わせが必要になります。
こだわりの商品は、出来上がりの満足度は高いものになります。
 予算に余裕が無い場合は、今すぐつけなくても将来の事を考えて、
壁の中に下地は入れておいた方が、安心でおすすめ!です。
* 手をそえる ぬくもり共に 安全も *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です