おうち時間・生活動線の空いたすきまに+プラス、テンションアップ⇧

🏠 おうち時間 ⏰

外出を控えたりテレワークも増えたりと、おうち時間が増えていませんか?

空いた時間に、おうちの片付けされた方も多いのではないでしょうか?

片付けても、いつもの定位置の使いやすさは、変えたくない・・・

でも?

何だか、片付けた後は少しさみしい感じのような・・・💦

おうち時間、動物も家族の仲間入り・いやされます~

生活動線の通り道でも、インテリア小物プラス

生活動線とは

家の中で生活をしている人が、家の中を移動する時に通るルートをにしたものです。

やはり長年の生活の中で、今回の”3点”の位置は変えません!

  1. 家族でみる壁かけのカレンダー
  2. 家族で使う(Wi-Fi経由)プリンター
  3. デジタル置時計(暗い時でも時刻が見えるタイプ)

プラスしたインテリア小物とは

  1.  遠藤照明 LEDスタンド照明 (購入先:Yahoo!ショッピング)
  2. 壁にガラスアート (購入先:Yahoo!ショッピング)
  3. 写真フレーム・フクロウ置物(有田焼)・ガラスのペーパーウェイト(写真フレーム以前ネット購入・他2点家にあり)

空いたすきまに、インテリア小物プラスしてテンションアップ!昼間

スポンサーリンク


空いたすきまから、始めましょう

メインのインテリアではなくても、生活動線の中テンションです。

カレンダー、プリンター、時計はそのままに、インテリアばかり目立ち過ぎないようにしましよう。

  1. まず!何と言ってもインテリア小物を飾るために、お片付けから始めましょう。
  2. 片付けて、必要な3点は定位置においてみました。
  3. おく収納家具サイズは、幅80㎝ 奥行40㎝ 高さ135㎝ しっかり測りましょう。

お片付けして、3点定位置においてみました

  1. 空いたスペースもかなりコンパクトですので、飾る物のサイズを最初にしっかり測り確認ましょう。
  2. カレンダー左側スペースに、おけそうですね。
  3. コンセントが必要な商品がある場合は、コンセント位置も大切です。
  4. コンセントは収納家具の上にくるように上げてありますので、、照明スタンド、置時計、プリンター分は確保出来ています。

収納家具の上に来るように、コンセントの位置を上げました。

  1. 照明スタンドはかなりコンパクトの(台座12㎝、かさ上部も13,5㎝)で選び、壁のコーナー側に置き光の広がり癒しもプラス✨
  2. 壁には好きなデザインとサイズを紙で切り抜き、壁に貼って様子をみましょう。
  3. 壁のカレンダーと取付位置は、下の位置で合わせています。

壁の空きスペース、このぐらいのサイズがいいかな!

  1. おうち時間に、ひたすらネットで探し続けます。(Yahoo!ショッピング、楽天、アマゾン・・・)
  2. 好きなデザイン見つけ出したら、サイズとデザイン(予算も)を何種類か打ち出してみましょう。
  3. 切り抜いたりなどは少し手間になりますが、慎重に進めたら後悔も少なくなります。

デザインとサイズを確認しましょう

スポンサーリンク


購入前にデザインとサイズを、壁に貼り付けてイメージ確認

購入して、何だか?イメージと違うなあ~とならないように・・・

おうち時間に購入前、サイズやデザイン測って壁に貼り付けて様子をみましょう。

  • 外枠は、サイズのままですがデザインが少し小さ目です。
  • しばらくこのままで生活してみて、あれと?と思えば変更すればいいんです。
  • 違和感なくなじみ好きであれば、注文をクリック📲してみてください。

壁に紙切り抜き、飾って様子みています。

◉動画あります 

全体の色・カラー・すきまのバランスも整えましょう

  • プリンターは、ホワイトで周りの壁クロスの色合いになじみます。
  •  遠藤照明 LEDスタンドは、古味仕上げ(サンドベージュ)で収納家具の色合いになじみます。
  • スタンドのかわいいデザインが見えるように、スタンド前のスペースを空けておきます。
  • プリンター、置時計、写真フレームのシルバーカラーを合わせます。
  • プリンターとカレンダーの間が空いていますが、上部のトレイを上げて用紙を入れのため開けています。
  • 壁にガラスアートと写真フレームのガラスの素材感、スタンドの光も効果的です。
  • 小物カラーと空きスペース・素材感、実用性とインテリア小物の心地よいバランスも考えてみましょう。

空いたすきまに、インテリア小物プラスしてテンションアップ!夜間

まとめ

おうち時間 

  • 外出を控えたりテレワークも増えたりと、おうち時間が増えていませんか?
  • 空いた時間に、おうちの片付けされた方も多いのではないでしょうか?
  • 片付けても、いつもの定位置の使いやすさは、変えたくない・・・
  • でも?何だか、片付けの後は少しさみしい感じのような・・・💦

生活動線の通り道でも、インテリア小物プラス

  • 生活動線とは、家の中で生活をしている人が、家の中を移動する時に通るルートをにしたものです。
  • やはり長年の生活の中で、決まった位置は変えません!

プラスしたインテリア小物とは

  • スタンド照明 (購入先:Yahoo!ショッピング)
  • 壁にガラスアート (購入先:Yahoo!ショッピング)
  • 写真フレーム・フクロウ置物(有田焼)・ガラスのペーパーウェイト(写真フレーム以前ネット購入・他2点家にあり)

空いたすきまから、始めましょう

メインのインテリアではなくとも、生活動線の中テンションです。

カレンダー、プリンター、時計はそのままに、インテリアばかり目立ち過ぎないようにしましよう。

  • まず何と言ってもインテリア小物を飾るために、お片付けから始めましょう。
  • おく収納家具サイズは、幅80㎝ 奥行40㎝ 高さ135㎝ しっかり図りましょう。
  • 空いたスペースもかなりコンパクトですので、飾る物のサイズを最初にしっかり測り確認ましょう。
  • コンセントが必要な商品がある場合は、コンセント位置も大切です。
  • コンセントは収納家具の上にくるように上げていますので、照明スタンド、置時計、プリンター分は確保出来ています。

購入前にデザインとサイズを、壁に貼り付けてイメージ確認

  • 購入して、何だか?イメージと違うなあ~とならないように・・・
  • おうち時間に購入前、サイズやデザイン測って壁に貼り付けて様子をみましょう。
  • 全体の色・カラー・すきまののバランスも整えましょう。
  • 小物カラーと空きスペース・素材感、実用性とインテリア小物の心地よいバランス考えてみましょう。

全体の色・カラー・すきまののバランスも整えましょう。

思いもかけずおうち時間が増えてしまい、少しでも心地よい空間・時間になりますように♥

まず!小さい場所からでもインテリア小物+して、少しでもご自身のテンションになりますように( ^ω^)・・・
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です